オトメナゲヤリ

破壊と再生から私が出来る

今までやったバイトをレビューしてみる

FEのデータが消えたことよりも、飼い猫がトイレの後に尻を床で拭いていたことよりもショッキングだったのは、今まで自分がしていたバイトの数でした。 

※イメージ図

そこで経験したことのあるバイトをレビューしてみました。適当に参考にしてみてください。責任は一切負いません。

 (最終更新日:2016/7/7→前ブログから移植(2017/6/20))

 

飲食店編

 バイトの定番。可もなく不可もなく。居酒屋はやったことないがゲロ掃除大変だからゲロに抵抗ある人は止めたほうがいい。某イタリアンなミラノ風ドリアファミレスですらゲロ掃除あったんで。あと大学生サークルに殺意を覚えている人も止めたほうがいい。奴らはゲロ生産機だ。何回ゲロって言わすんだ。

ハンバーガーチェーン おすすめ度☆☆☆★★3

 ハンバーガーチェーンは何故か三社もバイトしてた。ので、この業界のことは(普通の人より)そこそこ知っているが、とにかくブラック。よくバイトにしわ寄せが来る。特に社員業務も請け負うランクのバイト(マ○ドナルドでいうS〇-MGRみたいなやつ)はきついので、社員から「やらない~?」と誘われても乗らない方が吉。時給数十円しか変わらんのに責任も普通のバイトの非じゃないし、基地外みたいなモンスタークレーマー客に理不尽に叱られる。死にたくなる。

でも運が良ければかわいい女の子やイケてるメンズとの出会いがある。それにシフトが固定されてないので、柔軟に予定が組めるのがファストフード系バイトのいいところ。週2、1日3時間からOKのところもあるので、サークルや部活と両立したい人にはお勧め。

 

□ファミレス おすすめ度☆☆★★★2

 ウェイター及びウェイトレスは注文とったり出来上がった料理を運んだり、とにかくフロアの中を動き回るので、同じ労働時間でもファストフード系より肉体的にキツイ。キッチンもしかり。あと、ファストフード系に比べてシフトが固定になっているところが多い。大手チェーンの場合交通費は大概出してくれる。

 

 

スーパー・小売り・販売編

スーパーやコンビニバイト、その他雑貨屋なんかがここに該当すると思います。残念ながら王道のコンビニバイトはやったことがないんですけどね。

□スーパーのレジと品出し おすすめ度☆☆☆★★3

 混む時間にレジ打ちでモタつくと、主婦のオバちゃん達から総スカンを食らう。あと品出ししてると「○○ってどこにありますか」と聞かれるのでぶっちゃけ品出しどころではない。でもそれが仕事だから仕方がない。レジは単純作業なので、慣れれば無心でやれる。時給は安めだが、スーパーバイトは様々な知識が身に付くので社会勉強的意義は大きい

 

□試食販売 おすすめ度☆☆☆☆★4

 実は試食販売のオバサンおねえさんというのはそのスーパーの人ではなく、派遣バイトであることが多いのです。労働時間7時間ぐらいで日給1万円とかザラなのでまあまあ割りはよい。欠点は丸一日空きのある日でないとバイトを入れられないこと。逆に言えば丸一日暇なときに働けば、日払い・週払いが多いため、すぐにまとまったお金が手に入るのは良い点。試食で余ったフルーツをもらったりしたことも。

 

□100円ショップ おすすめ度☆☆☆☆★4

 スーパーの品出しと若干かぶるが、まあお客さんに物の位置をよく聞かれる。最初の頃に店内の配置を頑張って覚えておかないとキツイ。あと、単価が安いので客層が悪い。変な客が来て品出し中に身体触られたりしたこともあったし、普通にレジ打ってただけなのに若い女の人に理不尽なキレ方をされたこともしばしば。(生理中でイライラしてたんやろか^~) それでも時給はそこそこ良かったし楽だったので比較的おすすめ。私は二度とやらない。

 

□お菓子屋さんの売り子 おすすめ度☆☆☆☆☆5

 バレンタインデーやホワイトデーの時に短期でやってました。「制服カワイイしいいゾこれ^~」となったが、時給は結構安め。ただ、余ったりサンプルで使って売れないお菓子を貰える可能性があるので、うまみは十分。さらに、カワイイものに囲まれて働くので「あれ、自分もかわいいんじゃね?」みたいな錯覚に陥れるため、SNS「お菓子屋で働く私カワイイ」アピールしたい女子には特におすすめ。それ故か、売り子は女性しか採用してくれないことが多いので、男性は要注意。

 

 

教育・塾講編

だいたい大学生以上ができるバイト。高校生は大学生になってから、どうぞ。

□中学受験向けの個別塾講師 おすすめ度☆★★★★1

 クソだったので3日で辞めた。室長が基地外だった。周りでも塾バイトでブラックに引っかかってるヤツ多いので要注意。塾講系は将来教員になるとかそういう志がある人以外おすすめできない。特に時給につられてやってくる人間は痛い目を見る。あの塾少子化の煽りを受けて潰れればいいのに。

 

□勉強が遅れている小中学生の面倒を見るバイト おすすめ度☆☆☆☆☆5

 寺子屋的なやつ。大学を通じて紹介されたバイト。時給も素晴らしい(1700円/h)し、特に忙しくもない。大学の求人掲示板は掘り出し物だらけ。要チェック。

 

□テストの採点 おすすめ度☆☆☆☆☆5

 黙ってひたすらマニュアルに沿って採点していくだけのお仕事。愛想も必要ないし、最低限社員さんとコミュニケーション取れればよし。しかもそんなに会話する機会もないので、接客を死ぬほどやりたくない人におすすめ。ただ、単純作業を長時間やるので、そういうのが苦手な人は気がおかしくなる。だいたい一時間に十分ぐらい休憩入れてくれる。

 

□試験監督 おすすめ度☆☆☆☆★4

暇。拘束時間長い。足疲れる。日給がいいが、正直これをやるんだったら試食販売のバイトします。レビュー書き飽きてきた。

 

 

その他・軽作業系

軽作業って聞くと肉体労働って感じがしますが、まああながち間違ってないです。

□郵便局でのバイト(ゆうパック仕分け)おすすめ度☆☆☆☆★4

 最低限のコミュニケーションとやや力仕事。夏のお中元や年末のお歳暮の時期に、郵便局ではよく短期バイトを募集している。時給は地域によるが、都内だと910円(最低賃金)~1000円ぐらい。バイクで配達する仕事だともう少し上がる。そんなに難しいことはしないし、何より働く環境も含めてとてもしっかりしているので、かなりおすすめできるバイト。欠点は、だいたいのシフトで朝がとても早いこと。夜勤もある。ちなみにお歳暮の時期に働いていた私の場合、朝6時からの勤務でした。

 

ティッシュ・ビラ配りのバイト おすすめ度☆☆☆★★3

 屋外なので当然といえば当然だが、気候に左右されやすい。寒かったり暑かったりすると地獄。時給はそこそこ(1000円/h)だが、ティッシュはともかくただのビラは貰ってもらえないことが多いのでややしんどい。委託会社や配布物にもよるが、ノルマが存在する。ノルマを超えられないときは電話で会社に連絡を入れさせられたりも。でもまあ配るだけでいいので、楽っちゃ楽。ちなみに私は二度とやりません。

 

□誘導係(プラカード持ち)のバイト おすすめ度☆☆☆☆★4

 モデルルーム案内のプラカードや、試験会場の道順の案内係。基本的に突っ立ってるだけでよいので楽だが、逆に暇疲れする。さらに上記同様天候に左右される面が大きいので☆-1。個人的には雨のときよりも猛暑のときの方がつらい。時給は1000円~とやや高め。

 

 

 トンデモバイト

滅多にありつけないであろうちょっとイカれたバイト

□バレンタインデーに街中でチョコを配りまくるバイト

「チョコをもらってなさそうな男性たちをターゲットにチョコを渡してあげてください!」というトンデモねぇバイトでした。6時間労働で日給6000円のはずでしたが、2時間で配るチョコがなくなったので実質時給3000円でした。これを2日間やり1万2000円を得ました。ちなみに配ったチョコはキット○ットでした。

全ての童貞たちに、おめでとう。

 

□雑誌のコラム書いた

 完全にコネでしたがね。クソみてぇな文章書いて数千円貰いました。

 執筆やってるとこういう仕事が時々回ってきます。

 

 

 

 

以上です。参考にならなかったと思います。

ぶっちゃけ、「バイトどれにしよ~><」とか言ってる時間あるなら英単語の一つでも覚えたほうがいいです。

バイトにしろ何にしろ、若いうちの失敗や経験は宝。

思い切って自分の気になる職種をしてみればいいかと思います。

 

パパ活市場に潜入してみた話①

f:id:kanakonakonako:20170525163832j:plain

  

まえがき

「コイツ、婚約者がいるのにふらちな女だぜ!」と潔癖な人は私のことを蔑むだろう。

しかし、私は本当に「パパ活」をしたくて登録したわけでもなく、ただ、パパ活」という社会事象を、肌で実感してみたかったのである。そのために出会い系サイトを利用したことは最初に宣言しておく。

パパ活とは、若い女性が「パパ」と呼ばれる金持ちの男性(中年~年配であることが多い)とデートをすることでお金を貰うという活動のことである。

援助交際とは違い、肉体関係なしで金銭のやり取りが発生するというのがポイントである。

男性からしてみれば、「ヤれないし、食事などのデート代を負担しなければいけない上にお小遣いをあげなければいけない」という最早プラマイゼロむしろマイの世界であるが、それでも不思議なことに「パパ」になる男性は常に一定数いる。

なぜ、男性たちは「パパ」になりたがるのだろうか?

その理由を探るべく、ガチでパパ活をやっている女性には申し訳ないが、少し「パパ活」市場を覗かせてもらうことにした。

 

 

出会い系サイトに登録してみた話

f:id:kanakonakonako:20170530232445p:plain

 

ちなみに私は、容姿に自信がない方である。

吾輩はブスである。

 

そんなわけで、自分に髪型と顔の輪郭が似ているモデルの写真を使用し、某大手出会い系サイトに登録することにしたのだった。

 使用した写真はこちら。

 

f:id:kanakonakonako:20170530234742j:plain

「ショートヘア かわいい」で画像検索して上から2番目ぐらいに出てくるやつである。

これにアコという偽名をつけ、私のアカウントは完成した。

 

 結果、1分も経たずアホみたいに男性陣から通知がきました

  

しかも、年齢確認を終わらせていない段階*1で、まだ性別と名前と年齢しか公開していないうちから「今夜会える?^^」「ホ別2でどう??*2」などのふらちなメッセージがくるわくるわ。

 

 だが、援交目的やヤリ目的は今回の趣旨(と私の貞操観念と信条)に反するのでオール無視。

プロフィールに「私の夢を応援してください☆」などとパパ活の希望者をほのめかすワードを書き込み、ダンディそうないわゆる「パパ」っぽい人からのアプローチを待つことにした。

 

 

すると、有象無象のメッセージに紛れて、62歳男性からのお誘いが。

『プロフィールのステキな写真に惹かれてやって参りました。こんな年寄でもよければ、ぜひ仲良くしてくださいませんか?』

アイコンの写真が絶妙なアングルであるため、顔はよく見えないが、まあよさげな人だった。

だがその人のプロフィールページに飛んでぶったまげた。

職業欄に「医者」

年収は4000万円

これ釣りか詐欺かなんかか?と警戒しつつメッセージを続けることにした。

 

出会い系サイトでは、女性は利用料完全無料であるのに対し、男性はメッセージを送るのにもコストがかかる。

なので、早めに外部*3に誘導しようとする男性は、たかだかメッセージ代をケチる程度の男でしかないので、「パパ」としては見込めない。即ち切る。というのが「パパ活」の定石であるようだ。

だが、この男性、なかなか自分の話を続ける。

今日はどこそこに出張だの、今晩は会食だの。

一方、私は「この人、自分を医者って思いこますために必死なのね~」と上から目線であった。

気が付けば、丸2日サイトのメッセージボックスでやり取りをしていたのだった。

  

「パパ」の正体に気づくまで

 なかなかしぶとくメッセージを続けてきた「パパ」が、やっと私を外部に誘導した。

LINEを提案してきたものの、さすがに抵抗があったため、フリーメールでやり取りを続けることに。

「パパ」は私を気に入ってくれたようで、「もしかして、僕の最後の愛人になってくれるかもね」とぼやいていた。

 

ちなみに、この時点で分かっていた「パパ」のスペックを整理すると、以下の通りである。

  • 62才
  • 医者(自称)
  • 既婚者
  • 年収が4000万円(自称)
  • 別荘を持っている(写真を送ってくれた)

まだ確信を持てないところも多かったため、私も半信半疑ながら連絡を取っていたが、「パパ」が送ってきたある写真によって、その疑念は払拭されることとなった。

 

『昔、医療雑誌に掲載された僕の写真だよ(^-^)

   10年前だし写りは余りよくないけど、アコ、僕のことを嫌いにならないでね?』

 

ほうほう、と思いながらその添付されてきた写真をグーグル画像検索にかけると、地方の大学病院のホームページが検索に引っかかる。

 

一番最初に出てきた「○×大学付属病院 △△長のお言葉」というページをクリックすると、そこには、今メールで送られてきた画像と全く同じものが貼りつけられておりました。

「え?え?」と半ばパニックになりながら、その○×大学付属病院 △△長という方の本名をGoogle検索バーに打ち込むと、wikipediaの記事が。

そこに書かれていた壮大な職歴は、これまで「パパ」が自分の昔話として話していた内容と、ばっちり整合性がとれていたのでした。

 

 

 ②に続く。

 

 

*1:出会い系サイトでは18才未満が犯罪に巻き込まれないよう考慮して、年齢確認をしないとすべてのサービスが利用できないようになっている

*2:ホテル別2万円で僕とセックスしてくださいの意

*3:LINEやカカオトーク

大学に入学してからTOEICのスコアを300あげた話

 

  

バックグラウンド

・英語学習は小学生のときから

・そのくせに大学受験のときから苦手意識があった(センター英語 筆記:160 L:40)

・高校通ってないです(中学以降は英語含めだいたい独学)

・16歳の時に高卒認定とりました(英語含む8科目)

・学部2年

・年齢;2?歳 四角い頭はもう丸くはならないお年頃

・大学入学時スコア;465(IP)→学部1年次2月;735(IP)

・IPではないほう(公開)の最高スコアは多分今日(学部2年次5月)に受けたやつだと思うので、スコアが開示されたら公表します。

705でした。(追記)

 

以上、バックグラウンドの似てる人がこの記事を「体験記」として読んでくれると嬉しいです。

似てない人は見ても意味ないと思うのでブラウザそっ閉じ推奨。

つーかむしろ似てる人いる??

 

 

 

使用した参考書

 

スコア465~575時代

 

入学してすぐに受けさせられたTOEICの結果にショックを受けた私。

しかし何故か英語のクラス分けは上から2番目だった(4クラス中)。

うちの大学どんだけ英語レベル低いの…と一瞬思った

生協で一番最初にとった本が、これ。

このシリーズはリスニング以外に英文法、長文読解、英単語・熟語などのカテゴリが存在し、「TARGET 600」「TARGET 900」と目標スコア別に分かれている。

リスニングは得意だったので、張り切って「TARGET900」も購入。

ただ、英単語・英熟語、長文読解などの「TARGET900」はある程度スコアがないと消化不良になる恐れ。

というか600点越えてても、「TARGET600」を使った方がいいかもしれない。

学習初期は自分の実力よりやや格下の参考書を選ぶとモチベーションも上がるし、挫折しない。

 

 

↑なので、こういう絵の多い本をサブテキストとして買って、楽しみながら勉強していました。 

  

 

スコア600台時代

 

 

入学してからというもの、取りつかれたようにTOEICの勉強をしていた。

そのお陰で7月に大学で受けさせられたTOEIC-IPでは600近くをマーク。

夏休みに特急シリーズに手を出す。

「金のフレーズ」と「文法特急」をkindle版でさらさらとこなす。

学習初期に使ってたJリサーチ出版のシリーズよりも、私の学習パターンにはハマったような気がした。

10月、12月とコンスタントにTOEICを受験し、一瞬スコアが下がったものの、600を余裕で突破できるようになる。

 

 

スコア700~現在

 

特急たのちぃ~~~~~~~~~~~~((((((^o^)(^0^))))) 

(このあたりからTOEICによる精神汚染が始まる)

 

 

学部1年次の年明けぐらいに abceed analyticsというアプリを知る。

特急シリーズに連携したアプリで、特急シリーズの参考書の音声が全てこのアプリに入ってる。さらに、マークシート、自動採点や正答率を表示する機能も揃っている優れモノ。

 

f:id:kanakonakonako:20170521180034p:plain

旦那の実家の帰省に付き合った際も、これでひたすら勉強していた。

荷物が少なくて済むので、旅先でもオホーツク海でも地球の果てでもTOEICできるね!*1特急tanoshiiii

1月、入学してから3回目のTOEIC-IPで、無事に700突破。

 

勉強の進め方

例えば、単語や熟語集などで、1章(60単語あるとする)を1週間で完璧にしようとした場合。

  • 1日目;No.1~15
  • 2日目;No.16~30
  • 3日目;No.1~30
  • 4日目;No.31~45
  • 5日目;No.46~60
  • 6日目;No31~60
  • 7日目;No.1~60

私は英単語に限らず、他の学習でも大抵このようにして勉強計画を立ててます。

太字の日は復習日。

他の日に比べて分量が多くて大丈夫?なんて思うかもしれませんが、全くそんなことは無い。

一度見ている単語だから、初見よりもスピードをあげて学習できます。

 

 

f:id:kanakonakonako:20170522192621j:plain

あと、勉強のスケジュールは普段使っている予定帳には書きません。ごっちゃになるので。

100均で購入したweeklyのノート↑に、勉強のスケジュールを書き込んでいます。

f:id:kanakonakonako:20170522192701j:plain

バイトとか講義があることを考慮してスケジュール組んでます。

 

 

まとめ

 個人的には特急シリーズがオススメです。

(便利な対応アプリがあると、やはり勉強の効率がよいので)

あと、私が心掛けていることは、

 

  • 必ず毎日英語を聴く
  • リスニングはスクリプトをシャドーウィングする
  • どんなに忙しくても英語の勉強をする時間を作る

 

 

TOEICたのちいね!((^o^)

特急シリーズたのちい!!

みんなも、TOEICしよう!!((^o^^))))((^o^(((^)))

Let's TOEIC!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

とーいいくー!!といくう!といっく!!!

 、、ヲ、ィ、ェ 」ー」アトイック!!」イ」ウ
」皀筌� 」リ」ル」レ
竺軸宍雫七 と而いっく!耳自蒔・ゥ
ハクサ嵂ス、ア・ム・ソ。シ・�TOeiっく!
オ。ヌス。ヲクヲオ�
。チ。ス。ン。�。ュカ

 

 

 

*1:^o^^^

「体調不良は甘え」かどうかっていう話

 

  

 

先週のことである。

少し気分の優れなくなった私は、いつも利用しているところとは違う建物にある大学の医務室に向かった。

(本来はいつも見知った先生のいるところに行きたかったが、場所が遠かったので。)

名誉のために言っておくが、私は持病を抱えていることもあり、かなり健康には気を付けている。

 

  • 睡眠時間取るように気を付ける(徹夜は絶対にしない)
  • 酒・タバコはまったく摂取しない
  • ルナルナで体調管理をまめに記録したりサプリを飲むなど、生理周期に気を付ける
  • まいにち3食食べる
  • CMでおなじみR-1信者

 

まあ、社会生活を営む上では当然の体調管理だと思う。

むしろエブリデイ宴会でドンチャン騒ぎの挙句、二日酔いやら睡眠不足やらになりがちの大学生の中では、よくやっている方なんじゃないかという自負さえあった。

 

しかし、その日は急に気温が上がったこともあり、調子が悪かったのだ。

体調管理してても具合が悪くなることはある。

だって、にんげんだもの

 

大学の医務室のドアをノックすると、カウンター越しにエプロンを着た年輩の女性職員が、私をじっと品定めするような目で見つめてきた。

その横には若い女性(見習いだろうか)が立っていた。

 

 

「はあ、あの、すいません、ちょっと具合が悪くて、このあと空きコマなので少し休ませてもらいたくて」

年輩の女性「そう、じゃあ、30分なら休んでもいいけど…熱測って利用カード書いてね。見習いさん、体温計渡してあげて」

見習い「はい」

 

そして見習いの職員が渡してきた体温計を脇に挟んだ瞬間、年配の女性がボソッと言い放ったのだ。

 

 

「あのね、社会に出たら簡単には休めないのよ。自分でコントロールしてかなきゃ。今回は寝てもいいけど、甘えちゃだめなのよ」

 

 

 

 

は?

 

 

は?????

 

 

は?????????

 

 

いや、この人私の何を知ってるの?

私が二日酔いだったらまだ叱られるのも分かる。

この人は私の自己管理について何も聴きもせず、「体調不良は甘え」とのたまうのだ。

そんな上から目線で説教されて、「ベッドにさあどうぞ」と言われても休めるわけもねえ。

ぶちぎれた私は計測途中の体温計をカウンターに置き、

「そんな風に言われたら休めないじゃないですか!!!」と力強く言い捨てて医務室を去った。

職員は二人ともポカンとしていた。

 

悔しくてトイレの個室で暫く泣きました。

何も知らないババアになんで「甘え」とか言われなくちゃいけないんだ。

こっちだって、執筆の仕事もあるし、バイトだってしてるし、授業も出て、その中でも体調管理してるんだ。

 

なんだか私が逃げたみたいな感じになって悔しかったので、涙を拭いて落ちた化粧を直すと、真っ赤な目のまま医務室に舞い戻った。怒りもあり、具合は吐きそうなぐらい悪かった。

 

「あなたのお名前聞いてもいいですか?」

ババア「私?〇〇ですけど。ベッドで休むなら利用カード書かないと」

 

なんとこのババア、私が利用カード書くの嫌だと思ってキレたんだと思ったらしい。

頭イカれてんのか。

 

「人間なんだから、体調管理してたって具合悪くなることありますよ!それなのに話も聞かずに頭ごなしに説教されたら、休みづらいじゃないですか!!あなたが私の何を知ってるんですか???」

ババア「私が悪かった!ごめんなさい!」

その後もごめんなさいを連呼するババア

「謝ればいいと思ってんですか!?」

ババア「違う、私はそんなつもりじゃ……ウック、社会に出たら大変なのよって、お母さん的なつもりで、言ったつもりで……ヒグゥ…」

 

涙目になるババア。

電話で医務室の責任者を呼び出し、医務室を今後二度と利用したくないという旨を伝えて私はその場を去ったのだった。

責任者の人間は「せっかくだし、少し体調も悪いでしょうから休んでってください」とトチ狂ったことを言って私の機嫌をとり持とうとしたが、んなヒグヒグ泣いてるババアのところで休めるわけもねえ。

ていうか、怒りで体調の悪さも吹っ飛んだわ。

 

***

 

 まず、私が感じたこのババアもとい女性職員のダメなところは大きく分けて二つ。

 

  • 人の話を聞く前に決めつけて指導する
  • 体調不良は甘えという考え

 

一つ目に関しては、この女性職員個人の問題であるので置いておく。*1

しかし、二つ目に関しては、現代の日本企業の風潮のせいかもしれない。

 

働く女性の仕事・キャリアと健康なカラダ作りを本音モードで考えるWebマガジンWoman type [ウーマンタイプ]の調査によると、ほぼ全ての女性が体調不良でも無理を押して出社している。

f:id:kanakonakonako:20170514110328j:plain

 

woman.type.jp

 

その理由の内訳も、「職場に迷惑をかけてしまうから」というのが殆ど。

職場内で「体調不良は甘え」という空気が蔓延しているのだろうか。

日本ではとかく「病欠=悪」とみなされている気がしてならない。

 

 

***

 

諸外国との比較をして日本をこき下ろすやり方はあまり好きではないが、

海外との「病欠」の価値観の違いを見るため、海外の例を持ち出してみることにする。

 

 

ドイツの場合、病欠は有給休暇日数から差し引かれることがなく、休暇扱いになるという。これは、「病気になるのは従業員のせいではないため」という考えに基づく。

まず、この辺の捉え方から違うのだ。

(出典:http://www.newsdigest.de/newsde/news/featured/4820-946.html)

 

また、米カリフォルニア州では病欠有給休暇法というものさえ用意されている(2015年から施行)。1年間に最低30日間労働し、90日の労働期間を経過した場合、病欠有給休暇を取得することが可能なのだ。病欠が法律で正当化されているのだから、少なくとも上司にお伺い立てなければいけない日本のやり方よりは気持ちがいい。

(出典:カリフォルニア州 病欠有給休暇法 日本語Q&A(よくある質問))

 

 

「私が休んだら周りが困る」?

 

つーか、そもそも人一人いなくなっただけで回らなくなるなんて、んなのその企業体制に問題があるだろ!!

 かつて読んだイケハヤさんの記事には大変共感致しました。

www.ikedahayato.com

 

 

あーやだやだ。

体調不良を許さない国の学生は、R-1を飲みながら今日もまた日本社会への憎悪を嚙みしめるのであった。

 

 

なんにせよ、大学の医務室ぐらいは、私みたいにIBSだのパニックだのを抱えた学生の、「安心できる場所」であってほしい。

メンタルに関わる不安をもつ学生としては、そうした場所があるだけで心の支えになる。

 

 

こういうの摂取したりして頑張ってるんですよ…ねぇ…

*1:5/27追記:後日、他の職員経由で女性職員が反省していたとの旨を聞きました。どうやら、連日自己管理のなっていない学生が彼女の仕事を増やしていたらしく、少しうんざりしていたのだという。そこに私が来てしまい、「また、これだから学生は!!体調管理がなっとらん!!」という気分になってしまったそうです。

shirusuシリーズを使ってみた

文房具フェチなもので、ハンズを回っていたらshirusuというシリーズの画期的なノートを発見。

 

他3種類。全シリーズA5サイズ。学研ステイフルから。

 

スタイリッシュな見た目に惹かれて一番左の”mannnaka”を購入。

f:id:kanakonakonako:20170331125235j:plain

 表紙の通り、5mm方眼の中央にぽっかりと円が空いている。

↓説明書きを見ると、マインドマップや円グラフに使うのが効果的らしい。

f:id:kanakonakonako:20170331130056j:plain

ので、さっそくマインドマップに使ってみた。

テーマは『何故日本は女性の社会進出が進まないのか』

f:id:kanakonakonako:20170331130009j:plain

マインドマップってわざわざこのノートを使うメリットあるのかな~?とか思っていましたが、中央が空いていると、元々のテーマが見やすくてスタイリッシュ。

円から離れていけばいくほど、大元の要因に近づいていくような…。

私の字がデカすぎるだけかもしれないが、A4サイズだったらもっと余裕をもって書けそうで嬉しい。せめてB5。

 

次はnanameを購入したい。

使い方例では日記やTODOリストの使い方をしているが、ブレーンストーミングの際にも使用できそう。

f:id:kanakonakonako:20170331130702j:plain

ちなみに、ページごとに切り取り線がついているため、簡単にページを外せます。

税抜きで1冊450円という高価さはあるものの、可能性は無限大。

他にいい使い方があったら知りたい所存。

 

15歳で精神科に入院したときの話①

f:id:kanakonakonako:20170115105943j:plain

※暗いです

 

精神科って聞くとドン引きされそうだし、知人も見ているブログだけど、敢えて書きます。今までに自殺未遂などで3回入院しました。最後に入院したのは17才なので、もうだいぶ記憶が薄れているし、今は精神的にだいぶ落ち着いていることをはじめに書いておきます。

 

いつかこういう話でエッセイ本を書きたいです。致命傷に近いフラッシュバックを引き起こしそうで自分の中で蓋をしていた部分に、あえてメスを入れたかったのです。

これ以上記憶が美化されたり、風化されたりする前に、ブログに、簡易的に書き残しておこうと思います。既に発生してそうだが。

なお、大学の試験期間中であることは考慮しないものとする。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

「私」がおかしくなった経緯

  • 家族背景

三人兄弟の真ん中に生まれました。

真ん中とはいっても、下は双子の弟なので、ぎりぎり真ん中です。上には兄がいます。

両親はともにいましたが、私が中学生のときに離婚しています。父は昔から酒癖が悪く、家にお金を入れてなかった時期もあり(つまり働いてない)、母や私たちに対する暴力が絶えませんでした。

母は医療系の仕事をしており、年収がかなりあったのでなんとか生活は出来ていましたが、父が家事育児をネグレクトしていたため、何もかもを一人ですべて背負っていました。

そんな母の口癖は「いい学校に行って、きちんと自分で食べていけるようになりなさい。ああいうろくでもない人になっちゃだめよ」でした。

 

母親は生活にかかるお金以外の殆どを教育費に回し、私たち兄弟は皆中学受験をして、それぞれ私立の中高一貫校に入学しました。

 

 

  • 教育ママンからのプレッシャーとオトナ嫌い

私の通っていた中高一貫校は、東大や各種国立、世間で難関私立などと言われているような大学に進学する人が多い女子校でした。

勉強はとても好きだったので、周りの評価をナシにしても、意欲的に取り組んでいました。おかげで成績は上位でした。

この頃の趣味はアニメと漫画と、まあ今とあんまり変わっていません。

学校のマンガ研究部に顔を出し、アニメイトで好きな本を買ったりしていました。

が、ママンはそれをあまり快く思っていませんでした。

今こそ紆余曲折を経てアニメに対して理解があるママンですが、当時はアキバに行ったことがバレただけで、「エッチなCD買ったんでしょ!」とか「変なお店に行くんじゃない!」とか咎められました。

今思うとエッチなCDって何だよ、そんなん、今私が欲しいわボケ…。

部屋のゴミ箱というゴミ箱を漁られて、レシートチェックをされました。思春期にされたくない行為トップ10に食い込むような行為です。はい。

しかも、この頃父親の暴力がピークに達していました。ママンもそれに対抗するかのように毎晩金切り声を挙げて、いつも喧嘩していました。パトカーが来るまでの大騒動になったこともありました。

そんな家庭環境で、精神がまともでいられるわけがありません。

ずっと学年上位だった成績が下降し始め、それに合わせて、先生たちも私をチヤホヤしなくなりました。その時に、「あ、大人って、こんなもんなんだなぁ」とぼんやり思ったのを覚えています。良いときだけ自分の手柄みたいに、「自慢の生徒だ」なんて調子のいいこと言って、私が傷ついているときには、誰も私の心の傷には触れようともしなかったのです。

だんだん身体がいう事を聞かなくなって、どきどきして、よく誰かに殺されそうになる夢や、見知らぬ人から暴力を受けて必死に抵抗している夢を見ることになりました。

始業時間に起きられなくなって、学校も休みがちになり、両親が騒ぎ出す夜を迎えるたびに、少しずつ、少しずつ、自分の身体からジグソーパズルのピースみたいなものがぼろぼろ欠けていくのを感じました。

 

 

 

1回目の精神科入院

 

f:id:kanakonakonako:20170115114143j:plain

 

 中学三年生の冬、おかしくなった私は、家中の皿を割って刃物を振り回したそうです。

そうです、というのも、私はその前後の出来事をはっきり覚えていないからです。なんで暴れるに至ったのか、その経緯を思い出せないでいます。でも、割ったのが夕飯のスパゲティが盛ってある皿だったのは覚えています。今もその時のスパゲティの染みが、実家の壁に残っているから……。

 

私は車に乗せられて、都内にある小児科の総合病院に連れていかれました。夜の9時ぐらいだった気がします。暴れて、ぐったりした私は、白衣を着た大人たちに囲まれて、裏口から病院の中に連れていかれました。そのとき、父親は車に残っていたらしく、母親だけが付き添っていました。

「ここにお入り」と医者に連れていかれたのが、二重扉の個室でした。

個室の中にあったものは、トイレと硬いマットレス、カバーのない剥き出しの布団と枕だけでした。

「落ち着くまでここに居てもらいます。監視カメラで観てるから、何かあったら呼んで下さい。明後日にはキミの主治医になる先生が来るからね。」

医者が指さした天井の隅に、小さなカメラがありました。

「じゃ」と言って、医者は二重扉を締めました。扉の小窓から見えた母親は泣いていました。

私はただ、ぼーぜんとしていました。いつも散々な目に遭っているのは私なのに、なんで留置所の犯罪者みたいな扱いを受けているんだろうと、だんだん腹が立ってきました。しかも夕飯を食べ損ねていたので、空腹だし。

個室はどうやらかなりの高層階にあるようで、大きな窓から夜景が見えたのですが、窓ガラスには爪でひっかいたような跡がたくさんついていて、見ているだけで発狂しそうでした。多分、前の患者がやったものだろうけど。

 

しばらくして医者が戻って来て、「夕飯食べてないんでしょ?お母さんが買ってきてくれたよ」と私にコンビニのチーズバーガーを渡しました。

確か、ここに来る途中に、お腹が空いて、「マックのチーズバーガーが食べたいよ」とぼやいていたような気がします。ただ、郊外の病院だし、近隣にマックなんかなかったんだろう。しかし代替品がコンビニの冷えたチーズバーガーなんてあんまりだ。

むしゃくしゃして、私はチーズバーガーを床に叩きつけました。でも医者は驚くことなく、「食べたくなったら食べてね」と言って消えていきました。

 

 

硬い布団で寝たあの夜の感情を思い出すと、人生の大抵のイライラがどうでもよくなる気がするのです。

 

気が向いたら、続きを書きます。

-------------------------------------------------

 1.28. 続き

 

私の入院形態は「措置入院」でした。

要するに何をしでかすか分からんほど感情が爆発している、と、医者に認定されたらしい。私を爆発させた大人たちは何の問責もされずに日常を送っている方がよっぽどおかしいと、当時は怒りに震えていた。

 

折角なので私がいた隔離室の間取り図書いてみました。

f:id:kanakonakonako:20170118090011p:plain

布団のシーツやカバーが剝ぎ取られているのは、それで首をつって自殺未遂をする人間がいるため。ちなみに、二重扉もドアノブが存在しないタイプのドアです。(同じく首吊りの防止) 

 

 

翌朝、7時か8時ごろになると、またあの医者が来ました。

私の体温と脈拍などを測ると、寝ていた布団の前に段ボールを置いて、その上に朝食を置きました。

マジでムショかよ……。

しかし昨晩から何も食べていなかったので、ガツガツと朝食にありつく私。

昨日までは、家の温かいお布団で寝起きしていたはずなのに。

 

監視カメラ付きのトイレ剥き出しの個室に閉じ込められ、ゴハンを与えられ、気分はまるでモルモット。

部屋の中は何もなく、ただ与えられた食事を食べてぼーっと時間を過ごすだけだったのだが……。

 

食べればもちろん出したくなる…

 

しかし、上の間取り図をみればお分かりのように、トイレの真上に監視カメラが…。

一応花も恥じらう15才のお年頃ガール(当時)だったので、膀胱がパンパンになるまで我慢したものの、やはり生理現象には逆らえず、食後、隔離室に入れられてから初めて用を足しました。 

 

私は親や周りの大人に虐げられてきた被害者なのに、どうしてこんな犯罪者みたいな扱いを受けなければいけないんだろうと、忸怩たる思いで胸がいっぱいでした。

やがて暗くなって、綺麗な夜景の明かりが窓ガラスにともり始めても、それを眺める気力さえなく、膨大な時間を潰すためにひたすら眠りこけっていたのを今でも覚えています。

 

 

 次回は②。

 

過敏性腸症候群(IBS)とメンタルの話

昔からお腹が強い方ではないけれど、実家に出戻ったり大学受験など環境の変化があったせいで、ここ数年お腹がすごくゴロゴロするようになった。

ゴロゴロしたあとナイアガラの滝レベルでお腹を下すんだけど、トイレに駆け込んだ後はお腹がスッとする…。そして便秘とナイアガラの滝を繰り返し、時々その煽りを受けて痔になるという、他人には決して言えないような下半身事情(?)を抱えていた。

1年前の春病院に行ったら「過敏性腸症候群」と診断されたのだが…。

 

 過敏性腸症候群(かびんせいちょうしょうこうぐん、英語:Irritable Bowel Syndrome、略称:IBS)は、主として大腸の運動および分泌機能の異常で起こる病気の総称。ーwikipedia

 

英訳から分かるように、つまり精神的なものに因るのが大きい。

下痢型・便秘型・その交代型やガス型などいろいろな型があるけれど、私は交代型です。(下す方が若干多いかも)

特に今年から大学に通うようになってから、講義中にお腹が痛くなって中座することもしばしば。

 

人が多くて騒がしいのに耐えられなくて、辛かった!!

 だって大学生って集団で動くしうるさいんだもん!

 

実は、本当に辛くて泣きながら大学に通っていた時期がありました。(まあ勿論みっともないんで周りには絶対に悟られないように、)成人したお姉ちゃんが大学の医務室でメソメソしてました。

去年まで全然違う環境でお仕事してた人が、ひさびさに学校に通って(高校も行ってないので本当に数年ぶりだった)、結構メンタルボロボロになってたときもあったんだけど、養護の先生に励まされて何とか通年の授業を終えました。

 

私は16歳の時に高卒資格とったっきりの学歴なんで、なんとしても大学を卒業してキャリアを得ないとマズイ。それに、大学院にも進みたいし。

 

+++

 

昔に多々トラウマがあり、大人とゆーモノはとにかく信頼してなかったんだけど、養護の先生とカウンセリングの先生には足向けて寝らんないぐらいお世話になりました。

腸は心を映す鏡という言葉があって、やっぱり派手にウツを患った私にはお似合いの疾患だと思いますよ、ええ。

 

 

IBSを抱えた大学生のために、私なりの乗り切り方のコツを書いておきます。

 

 

ストッパを持ち歩く!

これがあるだけで気持ちが違う。

お守り代わりで常にポーチに入れてる。

 

 

 

ハンカチに好きなにおいをしみこませる!

私は好きな香水をしみこませておいてます。

お腹が痛くなってパニックになりかけたとき、これを嗅ぐと大丈夫だと自分に思い込ませてます。精神的な保険。

 

 

逃げ場を確認しておく!

もしお腹が痛くなった時のことを想定して、トイレの位置を確認。

私はトイレの個室だと落ち着けるので、万が一の時はそこに逃げ込める、大丈夫だ、と自分に言い聞かせてました。

 

 

がんばらない♡

もーどーしようもないときは、がんばらない。

人生のほんの一瞬サボってもバチはあたらんと自分を説得して体を休ませる。

 

 

 

あとは食生活気を付けたり、適度にストレッチしたりするぐらい。

執筆の仕事してるときは座ってばっかりになるので、たまにジョギングにも行きます。

これで多分勝つる。

全てのIBS患者に幸あれ。